忍者ブログ
バラの優しさ、強さが好きです
2018-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMGP6279si.jpg






























シュラブで1992年にDavid Austinが作出したER。もうおなじみ~~なバラ♪
去年は花つきが悪くて悩んだけれど

今年はちゃんとお花をみせてくれておりますです☆
これまた ずっと鼻をつけて香りをかいでいたいお花さんです。

オフホワイト。クリーム。絹のような。
ジーッと見ていても飽きない表情をもっています(^^)
写真に撮るとまた若干風合いが違うように写ります・・・
PR
IMGP9780si.jpg






























残暑の中のグラミスキャッスル。
昨日のお姿です。



グラミスキャッスルの白1輪、そこだけとても涼しげです。


春のお花が余り調子がよくなかったので、なんだか
ほっとしました。
秋のバラ、どんな感じに咲いてくれるかな?


バラたちはハダニ注意報発令中です。
夏から多発するハダニ。いやですね。
葉の裏にシャワーを当てたりしていますが
奴らはなかなか手ごわいです!
IMGP4224si.jpg






























続いても白バラ、イングリッシュローズのグラミスキャッスル。。
今年は葉っぱが黒点でもうワヤクチャですが
新しいシュートも上がっているので大事にしていかなくては。
満開近くになると下を向いてしまったりしますが
この白バラもとても上品です。
IMGP4128si.jpg






























カップ咲きのイングリッシュローズ。
今年は黒点がひどくて調子がいまひとつなのです・・・。

IMGP4122si.jpg






























かわいい咲き方をするのですが
私はお供えにも向くのではないかなぁ、と感じています。
蓮の花を思わせます・・・。
g.c-si.jpg






























Glamis Castle ER 1992
白花イングリッシュローズの葉っぱです!
大きな水滴をくっつけてますね。
鋸歯が赤いのですね・・・。今日発見しました。


白いグラミスキャッスル。

白花の割りに育てやすいと思うのですがどうでしょう・・・。
鉢で育てているので長雨が続くときには軒下へ移動させています。

白いバラはボトが目立つのでやっかいですよね(^^)
庭で育てている限りある程度はあきらめて、それも自然のよさと割り切っちゃいます。

今年はいつお目にかかることができるかな?
お勧めの白バラです。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
Copyright©2007Eurosa All Right Reserved
最新コメント
[11/21 gerdinai]
[11/19 drinovecm]
[11/15 lamarri]
[11/13 ginniferw]
[11/13 kirstenv]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
はる
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
cut roseの世界を3年ほど経験し、自分の表現したいことをしたいと独り立ちを決めたcool beauty!!!

garden roseにやはり惹かれる三十路街道。。。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報
フリーエリア
"はる" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]